RSS

素材・職人の紹介

素材・職人の紹介キービジュアル

素材選びの3つのポイント

日本製

デザイン重視

独特のカラーバリエーション

point1 日本製

“KawAsobi”(カワアソビ)では、日本製にこだわり、毎シーズン国内で開発され、国内のタンナー(なめし革業者)で製造された革を使用しています。
素材として革をなめす方法として“クロムなめし”と“タンニンなめし”が主流です。“KawAsobi”では、この2種類の革どちらも使用しています。
“クロムなめし”の特徴は、耐熱性、発色の良さ、しなやかさに優れていることです。“タンニンなめし”の特徴は、硬くて丈夫、自然な風合いの色、ナチュラルな仕上がりです。

日本製画像

point2 デザイン重視

“KawAsobi”では、職人がトータルデザインすることで、他にはないバッグを作り上げます。
「企画〜デザイン〜型紙〜製作」を行い、革を遊び感覚でひとつの商品へと作り上げていきます。
デザイン性を重視しつつ、構造、強度などにも自信を持って製作しています。

デザイン重視画像

point3 独特のカラーバリエーション

“KawAsobi”では、職人自身が多くの種類の中から、革素材を選んでいます。
独特のカラー選びや、カラーコンビネイション使いで他にはないカラーバリエーションをご用意しています。
また、バッグに使えそうな面白い素材も使用しています。

独特のカラーバリエーション画像

職人紹介

レザーワークス職人のイメージ画像

Sachi(サチ) バッグ/財布メーカー出身
ソフトなめしの革の特性を活かしたフォルムを得意とし、バッグ、財布、がま口小物、装身具などをデザインから加工縫製まで行う。口金をこよなく愛す。【この職人の商品を見る

職人

ページトップへ